体を温めて代謝アップ

体温が1度低下すると代謝が12%も低下してしまいます。夏でも靴下がないと眠れない、職場や電車のクーラーがつらいと感じたことがありませんか。冷えに悩んでいる方は代謝が悪くやせにくくなっている可能性があります。体温を上げてやせやすい体質を目指しましょう。

 

ダイエットのために食事量を控えていませんか。たしかに、摂取カロリーが増えて消費カロリーを上回れば脂肪が蓄積します。しかし、カロリーは体温を上げる燃料になるものなので、食事を控えすぎると体温が低下して代謝が悪くなります。脂肪を燃焼するためのビタミンやミネラルも不足します。

 

やせるためにはしっかりと食べる必要があります。特にタンパク質を意識して摂取しましょう。タンパク質は脂肪を燃やす筋肉の原料になります。生姜は体を温める力がある食材です。

 

漢方でもよく使用されています。ショウガオールとジンゲロールという成分が温め効果を発揮するのですが、加熱することでショウガオールが温め効果の高いジンゲロールに変わります。スープ、炒め物、温かい飲み物などの加えるのがおすすめです。

 

1日10gから20gが目安量です。チューブ入りや粉末の生姜でもよいです。チューブ入りや粉末は持ち運びの便利で外出先でも利用できます。